食品&アクセスアップ情報・知識

yakibuta.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 20日

SEO対策としての相互リンク集サイトへの登録

■SEO対策としての相互リンク集サイトへの登録について考える

SEO対策として、相互リンク集サイトへの登録を行っている人もいると思いますが、本当に相互リンク集サイトへの登録はSEOに効果があるのでしょうか?

検索エンジンで上位表示されるためにも、多くのリンクを受けることは欠かせません。そのような意味でも、掲載される確立の高い相互リンク集サイトへの登録は有効と言えるでしょう。

ただし、ここで重要となってくるのは、その相互リンク集サイトのリンク形態です。

リンク集サイトの多くは、CGIやPHPなどで表示されていますが、一頃は検索エンジンのクローラーが、そのようなリンク形態ではクロールしにくかったので、「SEO対策には、HTML表示のサーチエンジンが有効だ!」といわれたものですが、現在では、CGIやPHPなどで表示されるサーチエンジンでもクロールされるようになってきたので、それ自体は、さほど問題ではなくなってきました。

一番の問題は、相互リンク集サイトの全ページがインデックスされていないケースが多いという事です。

CGIやPHPなど、機械的に運営されている相互リンク集サイト(サーチエンジン含む)では、サイトの新規登録のたびに、掲載ページが書き換わり、やがては、掲載ページがリンク集階層の深い部分へと沈んでいってしまいます。

有名どころの相互リンク集(サーチエンジン)でも、深い階層のリンク集部分には、ページランクがついていないということも珍しくありません。ページランクがついていないということは、新規に作られたページでもない限り、検索エンジンにインデックスされていないということです。

登録したばかりの時には、階層の浅い、ページ上部に掲載されるので、一時的には、ある程度の効果も期待できるでしょうが、時間が経つにつれて、SEOの効果も期待できなくなる可能性が大きくなるというわけです。

また、相互リンク集(サーチエンジン)の殆どが、「リンク先はトップページに」と、注意書きをしていますが、SEO効果を期待するのであれば、掲載される相互リンク集ページに直接リンクする方が、有効であり、これが本当の相互リンクであると私は考えております。

私が運営している『相互リンクでSEO!相互リンク募集LINK集』は、見た目は悪くて、見栄えのしない相互リンク集ではありますが、全ページ(リンク集)がインデックスされています。

ただ、残念なのは、「登録を希望する各リンク集に直接リンクして下さい」と、お願いしているにもかかわらず、トップページをリンクされるサイト管理者様が多いということです。

■『相互リンクでSEO!相互リンク募集LINK集』最大の欠点

 ※リンク集掲載のペースが遅い(登録申請から掲載までに2週間以上かかる)
  (手作業によるリンク掲載作業が、こんなにも大変だとは思っていなかった)

皆様、ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません!

無料ブログ テンプレート カスタマイズ方法
 ※ブログ アクセスアップ SEO
 ※アクセスアップに役立つ情報
 ※人気ブログランキング
 ※ブログ 宣伝 広告
 ※ブログ&HP ツール パーツ
[PR]

by 412983 | 2005-08-20 00:02 | SEO・アクセスアップ


<< Yahoo!JAPANがナチュ...      文字をスクロールさせる >>